FC2ブログ

記事一覧

長芋には、有機ゲルマニウムが入っていて癌に効く 実は40年前に癌の治療法は電離に対抗する有機ゲルマニウムで浅井一彦博士により発見されていたのでは!?


2019年11月17日更新分

「蒸した長芋のチカラ」 黒岩知事インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=9Dn2PrnBxuQ





コメント欄から引用

「Saki Fuji
4 週間前
こんな県民の事より、自分重視で災害の時 県民の事を考えない、知事は大丈夫か‼️神奈川県民は重く考えるべき

OGS 50n
3 週間前
「山北を断水孤立させた奴な。 」

コメント欄から分かるのは、偽国会議員や知事などは不正選挙による出来レースの人たちなので99%の国民のことは考えてはいないということでしょう。

それよりも、今回の動画で重要なのは「長芋を蒸したもの」が漢方薬として使われている「山薬」というものと同一の効果があるようだということです。

そして、もしかしたら長芋には有機ゲルマニウムが含まれているのではないかと思って、検索したらビンゴでした。

ある健康食品で有機ゲルマニウムの食品があって、ゲルマブラックというようですが、その原料を見てみると黒ニンニク、黒ごぼう、長芋などでした。

ごぼう茶が健康にいいと言っている「丸ごと食い」推奨の南雲吉則医師の本を借りて読んだことがあります。
一日一食でファスティングで健康という感じだったかと思います。

ごぼう茶は何回か試してみましたが、ごぼう茶にしなくても全部食べてしまうというのもありかもしれません。

この前の記事で書いていた有機ゲルマニウムが多い食品として分かったのは
椎茸、にんにく、明日葉、サルノコシカケ、霊視、アロエ、朝鮮人参などでした。

健康食品としてよく知られているものに有機ゲルマニウムが多いということがわかりました。

一方無機ゲルマニウムの研究はロシアで行われていたようですが、副作用が大きいようです。
無機ミネラルより植物が一旦取り込んだ有機ミネラルの方が吸収しやすいのかもしれません。

ただキノコ類は菌糸で地表の表面の放射線物質も取り込みやすい性質があるようなので
放射線で汚染されていないものに限るという感じでしょう。

ホワイトフードという放射線の量を計測して安全な食品を販売しているサイトでは福島原発周辺のキノコ類からは高い数値が出ていました。


40年前にすでに浅井一彦博士が有機ゲルマニウムを人工的に作り出していて、GE132という薬になっているようです。
既に癌を防ぐ治療法は本当は開発されていたのにあまり知らされていなかったようです。

下記の動画はすでにブログで紹介していたものですが。

MCA 有機ゲルマニウムの驚異的な効果 ドクターインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=dR9HaKsNz5w





WHO(世界保健機構)などのロスチャイルドやロックフェラーが作ったとされる組織でさえ既ににGE132という薬は特許を取っているようです。

Youtubeなどで動画を検索しても日本人が有機ゲルマニウムを開発していたのにも関わらず、英語での動画ばかりが出てくる状況です。

マスタードガスのような毒抗癌剤や人工放射線を当てる偽治療で更に癌を増やすという偽治療が青チームロックフェラー系が牛耳る医療マフィアによって行われていたということのようです。

戦時中に瀬戸内海の大久野島で製造されていたマスタードガス
その被害が誤魔化されていたものが、どうやらハンセン病 大久野島の風下である偏西風の東側に隔離施設が多いです。

被害をウイルスのせいにして、被害者を病気かのようにレッテル張りする手法は他にも色々使われているようです・
原発の被害の誤魔化しの各種癌、口蹄疫、手足口病、狂牛病BSE、豚コレラ、鶏インフル、豚インフルなどなど

戦後、おそらくその余ったマスタードガスの再利用で731部隊と関わりのある吉富製薬がマスタードガスから複数のただの毒の抗癌剤を製造。
その後、田辺三菱製薬と名前を変えた吉富製薬 薬害肝炎問題などを起こしていました。

癌が発生する仕組みは
原発やCTスキャンやマンモグラフィなどの人工放射線→電離→OHラジカルなどの活性酸素→細胞の突然変異やコピーミスのようです。

人工放射線に対抗するのがラジウムやラドンなどの自然放射線

電離に対抗するのが有機ゲルマニウム

OHラジカルなどの活性酸素に対抗するのが抗酸化作用のあるビタミンCなど ということなんでしょう。

下記の動画がおそらく癌が発生する仕組みの動画でしょう。






この動画では酸化の原因として

低質な食生活
汚染
薬品、ドラッグ
放射線(人工放射線!?)
ストレス
ケガ、負傷
老化
感染

起こりうる病気が
癌 心臓病 関節炎 自己免疫疾患(AID)

活性酸素≒フリーラジカルが癌などの元だということが言われています。

抗酸化物質が余分な電子をもっていて補うために活性さんをの害を軽減できるようです。
抗酸化物質の例として挙げられているのが 英語のままのものもあったので何なのか調べてみると 下記のとおりです。

アセチルLカルニチン
αリポ酸
コエンザイムQ10
クルクミン クルクミンはカレーなどにも入っているスパイスで脳の発達にもいいという動画もありました。インドの人はアルツハイマーがアメリカの4分の1ということが書かれていました。
アセチルシステイン
レスベラトロール
セレン
V.B
V.C 癌の高濃度ビタミンC療法 というのはこれかもしれません。
V.E
亜鉛 などが挙げられています。


下記の動画は以前も紹介していた動画です。200Xの動画の一部を抽出したものです。

癌が電離により発生する仕組み 人工放射線→電離→OHラジカル→細胞のコピーミス→癌 人工放射線⇔ラジウムやラドンなどの自然放射線 電離⇔有機ゲルマニウムの電子 OHラジカルなどの活性酸素⇔抗酸化作用のビタミンCなど 

特命リサーチ200X 重要な部分のみ 編集 放射線の電離作用 癌や白血病の起こる仕組み
https://www.youtube.com/watch?v=w4BCPEioUA0





スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ