FC2ブログ

記事一覧

黒幕はイギリス王族を乗っ取ったヴェルフ家=ヘッセン家!? 300人委員会はイギリスの東インド会社から1700年代からと意外と歴史は浅いようです。やはりイギリスが黒幕 


2019年10月6日更新分

黒幕はイギリス王族を乗っ取ったヴェルフ家=ヘッセン家!? 300人委員会はイギリスの東インド会社から1700年代からと意外と歴史は浅いようです。やはりイギリスが黒幕 

「ポスト米英時代」の動画で300人委員会が解散したというのとちらっと見て、300人委員会というのを検索してみましたが
解散したのかどうかはわかりませんが、どうやらイギリスの東インド会社からのもののようです。

2019年10月17日中間部分に追記
フリーメイソン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3

引用
フリーメイソン

フリーメイソン(英: Freemasonry)は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。

多様な形で全世界に存在し、会員数は600万人を超える。うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下。25万人は英連邦グランドロッジに[1]。200万人は米国のグランドロッジに所属している[2]。 」

やはり300人委員会と同様にフリーメイソンの歴史はここ300年ぐらいの歴史と結構歴史は浅いようです。
フリーメイソンが古代から支配してきたとか動画などで言われている説はガセで、歴史ロンダリングの部分かもしれません。

「「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては以下の通り。

英: Freemasonry(フリーメイソンリー)
仏: Franc-maçonnerie(フランマソヌリ)
伊: Massoneria(マッソネリア)
独: Freimaurerei(フライマウレライ)
露: Масонство(マソンストヴォ)」

2019年10月8日中間部分に追記

【2007年ヘッセン·カッセル・カール方伯直系の子孫達= ギリシャ王子の誕生パーティー】 - 高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-157.html

黒幕のヘッセン=ヴォルフ家 1714年からイギリスを乗っ取り偽王族

彼らは、変な角のついた被り物とか変な鳥のクチバシがついたマスクをかぶっています。

悪魔崇拝とかよくネットで見ますが、悪魔なんてものはおらず、1%の自称支配者層側の脳、心の中で悪魔のような考えをしているだけで
1%側の海賊行為のような悪行を悪魔のせいに責任転嫁をしているだけでしょう。

自称支配者層側は1%という物自体がハッタリの数字で0.0000001%だという説もありますが。

霊性とか霊的な戦いとかそういうものもあるわけがありません。

「次元上昇」とかいうのも眉唾です。3次元から4次元に行くんですか?
そんな次元上昇とかあるわけがないでしょう。 」追記終わり

2013年の動画のようですが、本当に解散したのかはわかりません。
実は続いているということもあるかもしれません。

300人委員会解散 安倍が枝ブーと同じ格好 バビロンのカツアゲ廃止/ポスト米英時代 [20130921] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=yafMXknglKc




この動画に出てくる枝野さんや菅直人についてはフォトショップ合成だったことが分かっています。

おそらく青チーム系のネトサポか誰かが作ったのかもしれません。
旧民主党の枝野さんや菅直人は赤チーム系だと分かっています。
ポスト米英時代は赤チーム系のようですが。

フルアーマー画像とされている画像は、東京消防庁の化学防護服の画像が流用されていて、光による影やシワまで全く同じだと分かりました。

フルアーマー菅直人の画像はPhotoshop加工されたものだった。東京消防庁の化学防護服の画像が流用されたのか
フルアーマー菅直人の画像はPhotoshop加工されたものだった。東京消防庁の化学防護服の画像が流用されたのか

菅直人のフルアーマーはフォトショップ加工、画像加工によるデマ画像
菅直人のフルアーマーはフォトショップ加工、画像加工によるデマ画像

動画の中でロシアが白色偽ユダヤを追い出したという部分はガセかもしれません。
ロシアは赤チーム系のBRICsなのでポスト米英時代が赤チーム持ち上げのために書いているガセの部分かもしれません。

上海閥は青チーム系北京閥が赤チーム系なので動画の中で上海閥おとしめ↘ (北京閥持ち上げ↗
の部分も入っているとわかりました。

小沢一郎は北京閥やジェイ・ロックフェラーとつながりがある赤チーム系なのでポスト米英時代の動画では持ち上げられているのかもしれません。

赤チーム、ロスチャイルド原発利権、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)のトロイの木馬政権。 エセ左翼、エセ平和屋、大麻販売系

青チーム、ロックフェラー、石油利権、TPPの国々のトロイの木馬政権。 医療マフィア、エセ右翼、戦争屋、ケシ販売

赤チーム系のBRICs↗持ち上げ 青チーム系のTTP↘おとしめの部分も入っていますね。 

実際にTPPはとんでもない不平等条約のようなものだということは分かっていますが。
赤チーム系と分かった細川博司さんはTPPを略して「TとんでもないPペテンに満ちたPプロジェクト」と動画で言っていました。

ロスチャイルドとジェイ・ロックフェラーが赤チーム系 何年か前に死んだデイビッド・ロックフェラーが青チーム系だったようです。

やっぱり黒幕はイギリスバビロンなのかもしれません。 スイスバビロンも黒幕説が「ポスト米英時代」では言われています。
そしてフリーメイソン、イルミナティの歴史もそんなに長くないのかもしれません。

イルミナティが発足して10年ぐらいで弾圧されたので、似た秘密結社のフリーメイソンに入り込んでイルミナティが乗っ取ったという情報を以前見たことがあります。

歴史の教科書などで東インド会社は香辛料の貿易で儲けていたというようなことを習ったかと思いますが
あの香辛料とされるものは塩やごま、胡椒かなとイメージを持っているかと思いますが、実は麻薬などで儲けていたようです。

そのことを教科書はぼかして香辛料とか書いているようです。

闇の支配組織(年表) - るいネット
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=210391

引用
「市場の支配構造
210391 闇の支配組織(年表)
 
Nirvana ( 30代 ) 09/07/08 PM07 【印刷用へ】
1717年 フリーメイソンが近代化に舵を切る
1727年 300人委員会設立?リンク
・イギリス東インド会社の300人会議に基づいて作られた。
・麻薬貿易によって築いた富を元に、英国貴族が作り上げた。
1773年 イエズス会解散命令
1776年 アメリカ独立宣言   ←自分のコメント アメリカの1ドル札に書かれている暗号のようなものは1776という数字を表しているギリシャ数字だということが言われていますね。
1776年 イルミナティ創設

1832年 スカル・アンド・ボーンズ設立(アメリカ)
・WASPのみで構成された米国版イルミナティ
・アヘン貿易で巨万の富を得た有力商人が中心
・のちにOSS(CIAの前身)を設立

1835年 AFP通信設立(フランス)
1846年 AP通信設立(アメリカ)
1851年 ロイター通信設立(イギリス)
・ロイター通信からMI5、MI6ができ、MI6の指導を受けてCIAやモサドができる。

1861年 イタリア王国が成立
・イタリア統一によりローマ教皇領がバチカンのみに
・このときイタリア統一を主導した「青年イタリア」のリーダーがイルミナティ2代目首領。
(この後、世界的に青年運動が広がり第一インター、第二インターなどのコミンテルンが成立。)

1891年 円卓会議が結成(イギリス)
・創始者セシル・ローズ(デビアス社)。のちに、アルフレッド・ミルナーが実権を握る。
(のちに円卓会議が発展して、1919年RIIA王立国際問題研究所に)

1895年 ローズ奨学金発足(イギリス)
・セシル・ローズの莫大な資産を元にした奨学生制度。
・英国の利益を守る為のスパイ養成機関。
・MI6やモサドは、ここから多数の若者をリクルートしてきた。リンク

1907年 世界金融危機
1909年 MI6(イギリス情報局秘密情報部SIS)設立
1913年 FRB設立(アメリカ)
1917年 ソビエト連邦誕生
1918年 第一次世界大戦終了

1919年 円卓会議グループとローズ奨学金グループとの間で、RIIAとCFRの設立が決まるリンク

1919年 王立国際問題研究所(RIIA)設立(イギリス)
・別名チャタムハウス。
・英国王室の外交政策推進を担う。

1920年 国際連盟設立

1921年 外交問題評議会(CFR)設置(アメリカ)
・円卓会議グループの一部門として発展

1925年 太平洋問題調査会(IPR)設立
1929年 世界大恐慌
1930年 国際決済銀行(BIS)設立(スイス)
1936年 フォード財団設立
1945年 国際連合設立(→世界銀行、IMF、WTO)

1946年 フルブライト奨学金発足(アメリカ)
・民主党上院議員フルブライトにより創設。
・のちの奨学生に竹中平蔵氏がいる。

1946年 スタンフォード研究所(SRI)設立(アメリカ)
・のちにインターネット技術の開発などを行った。
1947年 ダビストック研究所(イギリス)
・精神分析理論の拠点の一つ。洗脳手法についての研究などを行う。

1947年 CIA(アメリカ中央情報局)設立
・第二次世界大戦中のOSSが発展・改組

1949年 北大西洋条約機構(NATO)設立
・ダビストック研究所によって考案された機構

1954年 第一回ビルダーバーグ会議(オランダ)
・欧米各国で影響力を持つ王室関係者・欧州の貴族や政財界・官僚の代表者など約130人が参加。

1970年 ローマクラブ発足(イタリア)
・資源、環境破壊など全地球的な問題を扱う民間シンクタンク。

1973年 (日米欧)三極委員会(TC)設立
・提唱者:デイヴィッド・ロックフェラー、ブレジンスキー 」

“東インド会社”と“アヘン”を利用し、ボロ儲けした「ヴェルフ家」 - るいネット
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290557

引用
「茶葉代金のアヘンによる支払というこの偶然の取決めは、中国人指導層の一部から妨害を受ける。その結果、英国は中国に対して、1840~43年のアヘン戦争以来、1931年の満州占領に到るまで10回のアヘン戦争を遂行した。

ヴェルフ家(ハノーヴァー家)がイギリス王室を乗取ったのが1714年。(リンク)
その翌年、英国東インド会社は初めて広東に極東事務所を開設した。
※広東の公商(清代に外国との取引を許された約10社の特許商人

そのギルドが公行、その代表が総商に茶葉の代金を銀で支払ったが、公商たちはアヘンによる支払いを歓迎する事になる。
英国では、国王(ハノーヴァー家)が政治支配円滑のため、中国人住民にアヘン中毒の植え付ける政策をとった。」

一部引用
中国に対して、アヘンの貿易を促す。
その利益がロスチャイルド[1744-1812]を仲介としてヘッセン選帝公に送金されるよう仕向けた。
この時、麻薬貿易に関与したロスチャイルドはアメリカの歴史で中心的な役割を果たし始める。

欧州貴族(ヘッセン家)の元で金貸し業を軌道に乗せた。
この事実が歴史書では無視されるか抹消されてきたのだ。


アメリカ・デフォルトは起きるのか!?-10 ~イギリス王室を乗取ったヴェルフ家~ - 金貸しは、国家を相手に金を貸す
http://www.kanekashi.com/blog/?p=2492

引用
「「ピューリタン革命(1641~1649)」、「イギリス東インド会社の飛躍」、「イングランド銀行設立(1694)」の経緯により、イギリスにおいてヘッセン家が勢力を浸透させた。そして、1714年にドイツのハノーヴァー家(源流がヴェルフ家)からやってきたゲオルクがジョージ「1世」として国王になった。このとき王朝がスチュアートからハノーヴァーにかわった。

ヘッセン家がイギリス王家を切崩し、ハノーヴァー家にてイギリス王朝を築いた1714年。

「ヴェルフ家が分家を利用し、イギリスを完全に手中に収めた」と言えるだろう。

そして、ヴェルフの家系は21世紀の現在もこのハノーヴァー朝(現ウィンザー家)は続いている。」

一部引用
「【アヘン中毒の中心的人物】
1.デイヴィッド・リカード [1772-1823年】
東インド会社の経営役員会に席を連ね、ジョン・スチュアート・ミル[1806-1873年]を東インド会社の首席検査官に任命するようにした。

2.エドワード・ジョージ・ブルワー・リットン[1803-73年]
1842年の南京条約を締結し、イングランドに2100万ドルの銀貨と自由 港・香港の領有権とをもたらした。

3.エドワード・ロバート・ブルワー・リットン[1831-91年]
アヘン貿易最盛期の1880年代にインド総督をつとめ、英国のインド統治を描いたラディヤード・キプリングの著作活動を支援した。

4.シェルバーン伯爵ウィリアム・ペティー[1737-1805年。82-83年首相]
麻薬貿易で暴利を得る。

この時代は、既にイギリスはヴェルフ家の手中にある。
アヘン貿易の母体は、ヘッセン家が育てた「東インド会社」。

「アヘンで戦争を誘発」し、“ヘッセン傭兵派遣事業”でぼろ儲けする。
必ず、自らではなく有力者(ロスチャイルド等)を使って。
 」


スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ