FC2ブログ

記事一覧

複数の毒抗癌剤はバクテリア系の細胞毒と判明 これまで分かっていたのはマスタードガス系や下剤



2019年7月22日更新

これまでの毒抗癌剤のパターンは下剤やマスタードガスが抗癌剤と偽られていました。

ウィリアム・エイブリー・ロックフェラーは「ニージョール」という下剤を抗癌剤として売っていました。
そしてエイブリーロックフェラー(青チーム系)は、下剤を売った町を去るときに馬泥棒をしたり、レイプをしていた人だった
ようです。
ベンジャミン・フルフォードさん(赤チーム系)の本で知りました。

船瀬俊介さんが言われている通りに分子構造を見てもマスタードガスが抗癌剤と偽られていました。
最近は船瀬俊介さんはリチャード・コシミズさんやベンジャミンさんと組み出して赤チーム系になっているような気がしますが正しい情報が多いように感じます。

偶然、以前ブックマークに入れていたサイトですが貴重な情報が多いです。
以前、図書館から借りていた船瀬俊介さんの本のタイトルで検索していて見つけていたサイトです。


病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】これが「人殺し医療サギの実態だ」いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!
よくもここまで騙したな/船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード - みんなが知るべき情報/今日の物語
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/010d567a0bfb1abf7f3525639f1c30dd

引用開始
「病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】

これが「人殺し医療サギの実態だ」

いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!

よくもここまで騙したな…

船瀬 俊介、ベンジャミン・フルフォード:本

あなたの周囲にも、心当たりはありませか 医は殺人算術か…!


よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ! いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら) : 船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード : 本 : Amazon

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します
病院に出回る”お年寄り毒殺マニュアル”!!/船瀬俊介 - 愛詩tel by shig

Shanti Phula より

[船瀬俊介氏]お年寄りの毒殺マニュアルが病院に出回っている。
羊や牛を殺すのと同じように殺す裏マニュアルがあることを僕は突き止めた。
2013/07/05
医療詐欺・・・お年寄りを殺す毒殺マニュアルが存在する?!
転載元より抜粋)

飄(つむじ風) 13/7/2  (自分の追記コメント 飄ブログは最近は青チーム系に丸め込まれてしまっている感がありますが)。

 医は仁術等という言葉は、廃れて久しい。
それを地で行く医者も多かろうが、そういう方は、町の隅で密やかに光を放つ存在だ。
多くの医者は、制度の中に取り込まれ、望むと望まないに関わらず、似たような状況に追い込まれていると観るべきだろう。

 何せ、抗ガン剤治療を自らに用いるかとのアンケートに、
医者達は270人中269人がノーと答える(船瀬俊一氏談)
ご時世だからである。
そして、患者に対しては問答無用に抗ガン剤を施方する。
ガン治療は、切る、放射線、抗ガン剤以外は、代替医療で保険適用がない。

 やっぱり、医者に掛かるべきではない。

【転載開始】医療サギ

現代医療の暗部に対しては、ある程度慣れっこになっていたのですが、

『これが「人殺し医療サギ」の実態だ!』
(ベンジャミン・フルフォード、船瀬俊介著、ヒカルランド)を読んで、
絶句する文章があったので紹介したいと思います。

それは、病院にはお年寄りを殺す毒殺マニュアルがあるという話です。

(続きはここから)

<『これが「人殺し医療サギ」の実態だ!』、p26~p31から抜粋開始>

船瀬 お年寄りの毒殺マニュアルが病院に出回っている。
羊や牛を殺すのと同じように殺す裏マニュアルがあることを僕は突き止めた。

できるだけばれないように殺す。
お年寄りを多く引き受ける病院では、下(しも)の世話が大変になってコストがかかるようになると殺して、
次の人を入れる。

ベンジャミン カネがどれだけ取れるか計算して、
まだ取れるなら延命させるけれども、もう取れなくなると姥捨て山の現代版です。

船瀬 そのとおり。
埼玉のK病院に入っていたH・S子さんという84歳のおばあちゃんの場合、
特別養護老人ホームと病院がタックを組んで、
老人ホームに入るときに理事長が預金通帳と判子を取る。
恐ろしいでしょう。

おばあちゃんが返してくれと言うと、「このおばあさんは認知症で取られ妄想だ」と。
新聞も読んでいるし年賀状も書いている、頭のいいおばあちゃんなんだ。
向精神薬を拒否すると、おかゆの中に入れる。 (自分の追記コメント向精神薬はただの覚醒剤だと判明しました。~フェタミンなどは覚醒剤そのものです。)
不眠症になってだんだんおかしくなってくる。
すると、認知症だということで、さらに薬漬けにする。

「そろそろ殺すか」という段になると、肺炎ということで提携病院に送り込む。

咳(せき)もしてなければ熱もないし、酸素飽和度を調べると99%で、パーフェクトで異常なし。
それでも肺炎だとうそをついて入院させる。

恐ろしいのは、診断する前にすでに1週間の投薬リストがちゃんとある。
そうして、26種類の薬を飲まされる。

結局、このおばあちゃんは17時間後に白目をむいて死んでしまった。

ベンジャミン その話はどこから聞かれたんですか。

船瀬 相談を受けたんです。
医療被害を防ぐには、まず第1に医薬品添付文書を絶対に手に入れなければいけない。
その後、弁護士に頼んで証拠保全手続きを取る。

Hさんの娘さんはそれをやった。
膨大な資料を手に入れて、支援者がネットで徹底的に調べたら、これは殺意があるということがわかった。
内科医の内海聡(さとる)先生に意見書を書いてもらったんですけれども、
「これは確実に殺人ですよ」と言われた。

殺人には1アタック、2アタック、3アタックとステップがあって、必ず死ぬ仕掛けがある。

最初のアタックは高速点滴です。
高齢者は最低で1日1.3リッ トル、マキシマムで1.6リットル、
平均で1日1.5リットル以上点滴すると命に関わる。
体の中に過剰な水分が入ると、肺に水がたまって肺水腫を起こす。

要するに、体の中で溺れて死んでしまう。
Hさんは、半日で5.7リットルぐらい点滴されているんです。

ベンジャミン 警察は動かないんですか。

船瀬 遺族は警察に連絡したけれども、民事不介入だとつっぱねられた。  (自分のコメント 警察は上層部は特にフリーメイソン組織。マスコミのタブーが1%グルのうちの一つの「桜タブー」です。)
 それで遺体を焼却するのを待ってくれ、解剖してくれと頼んだけれども、病院側は証拠隠滅のために焼いてしまった。

ベストセラーになった『大往生したけりや医療とかかわるな』という本を書いた
中村仁一先生に取材したときに、「香典治療」というのがあるとおっしゃっていた。

お年寄りが危なくなると、それっとばかりに薬をバンバン入れて、点滴をガンガンやる。

死ぬとわかったら、稼ぎどきだ。ここぞとばかり薬を入れるわけです。
稼ぎどきではなくて殺しどきだ。

Hさんの場合、もっと恐ろしいことがわかった。
処方され た26種類の薬は、全部併用禁忌(きんき)の薬だった。
一緒に取るときわめて危険という組み合わせの薬ばかりだった。
これは偶然では起こりえないので、完全に殺意がある。
これはK病院のような金儲けだけの頭の緩い病院では考えつかない。

殺意があった。
毒殺マニュアルがあったと判定したのは、
肺炎と言っていながら酸素飽和度の検査をやっていることですね。
自分たちの言っていることを否定する検査を一生懸命やっている。
彼らは意味もわからず、ただ”毒殺マニュアル”に従って投与している。

自分の追記コメント K病院というのは、もしかしたら創価の町と言われている信濃町にある慶応病院かもしれません。
まだ確定ではないですが。→追記よくみたら埼玉県と書いてあるので違うようです。

そして慶応大学病院だった場合、ZARDや松岡利勝農林水産大臣の人が不審な死を遂げています。
もしかすると松岡利勝が自殺に見せかけた暗殺で、ZARDはスピンとして死んだふりの偽装死でそちらに目を向けさせて誤魔化したのかもしれません。
または本当にZARDの人は暗殺されたとかもありえます。

ZARDの坂井泉水さんの訃報で病院に行くと現職大臣も搬送され驚愕 - ZAKKI LOG
http://zakkilog.bookmarks.jp/?p=2606

慶応病院は創価? - さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/13530623.html 

自分の京王病院に対する追記コメント終わり

死後、預金通帳には200何十万円しか残っていなかった。
おカネがなくなったら、即座に殺されるわけです。

亡くなった後が、またすごい。
臨終間近になると連絡するのか、亡くなったらすぐに葬儀社と坊主が来て、

家族7人だけでひっそりとお葬式を挙げたのに、その請求額が200万円。

Hさんはクリスチャンなのに、内訳を見たら戒名代とある。
だから、老人ホームや精神病院、K病院、葬儀社、坊主、と全部連携システムができている。

そして預金通帳は空っぽ。
引用終わり

引用開始
「よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ! いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら) : 船瀬 俊介, ベンジャミン・フルフォード : 本 : Amazon

商品の説明
内容紹介

◎ がん患者1000人殺して一人前!

◎ 日本の内科医は1人平均1000人のがん患者を殺している

◎ 命を奪う、カネを奪う! 医者は完璧に白衣の殺人鬼、白衣の詐欺師!

◎ 日本の近代医学はどこをほじくり返しても詐欺とペテンと強盗と殺人だらけ

◎ 欧米医療というのは基本的に軍隊の医療

◎ 足を切断するとか伝染病の治療には欧米医療はいいが、糖尿病とかがんといった慢性病のときは絶対に関わらない方がいい

◎ 漢方も鍼灸も食事療法(ナチュロパシー)や整体療法(オステオパシー)も弾圧された

◎ マッサージもカイロプラクティックもサイコセラピーもホメオパシーも弾圧された

◎ 自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーは全部弾圧され、薬物療法(アロパシー)だけが生き残った

◎ 伝統療法は、金融マフィアによって保険対象外にされた

◎ 強制的に保険料を取って、自分たちの息のかかった殺戮医療マフィアにだけおカネを回すシステム

◎ 医療の問題は上に行くとラムズフェルド、ブッシュ、ロックフェラーらに行き当たる

◎ ここに現代の悪魔がいる!

◎ 医者に金も命も投げ出す崖っぷち日本人よ! 今こそ、自分の脳を疑いなさい

◎ 薬漬け、検査漬けの放射線大量照射に生物兵器の毒物注入まで

◎ 失敗する医者ほど儲かる/治す医者は失業

◎ 医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!

◎ 一番高い抗がん剤ペグイントロンは1グラム3億3170万円する

◎ 抗がん剤は元々は廃棄に困った化学兵器の原料

◎ マイクログラムまで薄めて使っても1回当たり何十万円、利益率は何万%にもなる

◎ 白血病はがんではない

◎ 団十郎を殺した!?マイロターグという白血病の治療薬は、1グラム4800万円

◎ マイロターグは投与した患者の90・5%が死ぬ!

◎ 輸血は人命を助けていない、むしろ殺している!?

◎ お年寄りが死ぬとわかるとここぞとばかりに点滴、投薬をバンバンやる香典医療というのがある。稼ぎどきならぬ殺しどき!

◎ 「現代医学の神は、唯一1人しかいない、それは死神である」とベストセラー書籍『医者が患者をだますとき』の著者ロバート・メンデルソンははっきり言っている!

◎ だから病院が営業停止中には死人が減る!?

内容(「BOOK」データベースより)
医療を殺人ビジネス化した者たちよ!化けの皮はすでに剥がれているぞ!お前たちの操る病院に行く者はこれでいなくなる!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
船瀬/俊介
1950年、福岡県田川郡添田町生まれ。九州大学理学部中退。早稲田大学第一文学部・社会学科卒業。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を続けている

フルフォード,ベンジャミン
1961年、カナダに生まれる。外交官の家庭に生まれ、若くして来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。アメリカの経済誌『フォーブス』のアジア太平洋支局長などを歴任し、現在はフリーのジャーナリストとして、テレビ、雑誌等で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)」 引用終わり


気になったのは下記の部分でマイロターグという白血病の治療薬により90.5%が亡くなるようです。

◎ 一番高い抗がん剤ペグイントロンは1グラム3億3170万円する
◎ 抗がん剤は元々は廃棄に困った化学兵器の原料  ←自分のコメント これについては日本のマスタードガスの場合は、瀬戸内海の大久野島で作られていた毒ガス兵器、マスタードガスでしょう。
国を超えてマスタードガスの被害がハンセン病と偽られているようです。大久野島の東側の風下に隔離療養所が多いです。

◎ マイクログラムまで薄めて使っても1回当たり何十万円、利益率は何万%にもなる
◎ 白血病はがんではない
◎ 団十郎を殺した!?マイロターグという白血病の治療薬は、1グラム4800万円
◎ マイロターグは投与した患者の90・5%が死ぬ!

マイロターグのWikipediaを調べてみるとバクテリア系の細胞毒であることが分かりました。
カリケアミシン系のオゾガマイシン部分が利用されているようです。

ゲムツズマブ オゾガマイシン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%A0%E3%83%84%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%96_%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3

引用
「ゲムツズマブ オゾガマイシン(Gemtuzumab ozogamicin)は急性骨髄性白血病(Acute Myelogenous Leukemia:AML)の治療に用いられる抗体薬物複合体(Antibody-drug conjugate、ADC)の一つである。

CD33(英語版)に対するヒト化モノクローナル抗体(ゲムツズマブ)部分と、細胞毒性を有するカリケアミシン系のオゾガマイシン部分から成る。
商品名マイロターグ。

米国では2000年から2010年まで販売されていたが、ダウノルビシン・シタラビン併用療法への上乗せならびに
シタラビン大量投与への上乗せで有効性が見られず、死亡例が増加したとして承認取下げとなった。

日本では2005年5月に承認され、添付文書の警告欄で、他の抗悪性腫瘍剤と併用しないこととされており販売は継続されている。

アメリカでは2000年→2010年まで販売、死亡例が多く承認取り下げ
    日本では2005年5月→継続して今も使用されているということでかなり危険ですね。


カリケアミシン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%B3

一部引用
カリケアミシン(calicheamicin)類は、バクテリアMicromonospora echinosporaに由来するエンジイン抗生物質の一群である。
カリケアミシンγ1が最もよく知られている。カリキアマイシンとも呼ばれる。

カリケアミシンは1980年代中頃に、テキサス州カービルの白亜質の土壌から単離された。

試料はLederle研究室で働く化学者によって採取された。

カリケアミシンは全ての細胞に対して極めて毒性が強く、2000年にはCD33抗原標的型免疫抱合体N-アセチルジメチルヒドラジドカリケアミシンが開発され、非固形がん急性骨髄性白血病 (AML)
に対する分子標的治療薬として市場に出された。
カリケアミシンγ1および類似するエスペラミシンは、知られている中で最も強力な抗腫瘍剤である。 」

最も強力な抗腫瘍剤という部分は最も強力なただの毒で偽抗癌剤が実態ということでしょう。

「歴史
アレクサンドロス大王は、この化合物によって汚染されたステュクス川の水を飲んで中毒になったと提唱されている。」

アレクサンドロス大王の死因でもあったようです。 ステュクス川の水が汚染されていてそれでアレクサンダー大王はなくなったと書いてありました。


他の毒抗癌剤の名前を見てみると共通点があって、その他の抗癌剤もただのバクテリア系の毒の可能性もあります。

トラスツズマブ

リツキシマブ

ベバシズマブ

セツキシマブ

パニツムマブ

ゲムツズマブ オゾガマイシン

イソツズマブ オゾガマイシン

~マブとか~マイシンというものが、もしかするとバクテリア系の細胞毒でできたただの毒で
抗癌剤でもなんでもないものが抗癌剤と偽られて医療マフィアにより使われているかもしれません。
まだ推測ですが、これまでのパターンだとありえます。

2019年7月22日追記

昨日書いていたマブとかマイシンについての意味がわかったので追記しておきます。

速くて楽な語彙力強化法:医薬用語の接頭語と接尾語を知ろう! | クリノス
https://clinos.com/blog/2016/06/22/%E9%80%9F%E3%81%8F%E3%81%A6%E6%A5%BD%E3%81%AA%E8%AA%9E%E5%BD%99%E5%8A%9B%E5%BC%B7%E5%8C%96%E6%B3%95%EF%BC%9A%E5%8C%BB%E8%96%AC%E7%94%A8%E8%AA%9E%E3%81%AE%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%AA%9E%E3%81%A8%E6%8E%A5/

上記サイトから引用
「抗がん剤の接尾語

皆様の中にも命名法をご存知ない方がいるかもしれませんので、少しだけご紹介しましょう。例えば分子標的薬が何らかの阻害剤(例:チロシンキナーゼ阻害剤)の場合は、「△△ニブ(-nib)」と名付けます(例:ゲフィチニブ)。

「-nib」は「inhibitor」の略です。一方、「抗体医薬」の場合は「△△マブ(-mab)」と名付けます(例:リツキシマブ)。

「-mab」は「monoclonal antibody」(モノクローナル抗体)の略です。
したがって、一般名の語尾を見れば、分子標的薬の種類がわかります。

他に、薬剤が標的とする物質や、由来する動物種にも基づいて一般名を命名しますので、分子標的薬の命名法を知っていると、一般名を見るだけで薬剤の基本情報がある程度わかります。
詳しい命名法は、WHOの抗体医薬命名法の指針(英文)などをご覧下さい。

分子標的薬以外の抗がん剤の一般名も、白金製剤は「プラチナ」にちなんで「△△プラチン」(-platin)と命名することや(例:シスプラチン)、抗がん性抗生物質は「△△マイシン」(-mycin)が多いこと(例:ブレオマイシン)などを知っていれば、一般名を見るだけで薬剤クラスがわかります。
抗がん剤以外でも、一般名に「法則性」が見られる薬剤が多数あります。」 引用終わり


どうやら前述のように「~マブ」「-mab」は「monoclonal antibody」(モノクローナル抗体)の略のようです。

どうやら「~マイシン」は抗癌性物質を表しているようですが、その実態は、おそらく殆どが、ただの毒ということでしょう。
WHO自体がロックフェラーやロスチャイルドが作った悪魔崇拝組織だと分かっています。

マイシンで検索していたらC27H28O13という分子構造が出てきました。
もしかすると、こういう分子構造が共通で毒の部分かもしれません。

そしてマイシンというのは放線菌のストレプトマイセスのerythreusu属から得られる抗生物質だということで。
そして放線菌で画像検索してみるとカビのようです。
バクテリア≒放線菌≒カビ≒毒抗癌剤の一部

ということは抗生物質というものも結構危険なものかもしれません。



マイロターグを作っているのはファイザーでロスチャイルド系赤チーム系の製薬会社
だということも分かりました。
アメリカではFDAが死亡者が多いので認可を取り消したようですが日本ではまだ売られているようです。



追記終わり

この前は「~フェタミン」というものが覚醒剤で向精神薬は覚醒剤そのものだということが分かりました。
アンフェタミン、メタンフェタミン(ヒロポン)

ペグイントロンという抗癌剤は1g3億3170万円のようです。

引用したブログの部分を元に1%側が考えそうなことといえば
マイナンバー制で医療や銀行口座、LINEなどが個人情報と紐づけされているので
極悪医療マフィアは銀行残高に合わせて、「この(毒)抗癌剤はどうですか、値は張りますが」とかなんとか言って、ただの毒を勧めてくるという可能性があります。

LINEは韓国企業でなぜかマイナンバーと紐付けられていて人間関係が1%の「トロイの木馬政権」にダダ漏れです。
パーソン・オブ・インタレストという海外ドラマがありましたが、ああいう風にどういう人間関係があるのかとかも1%側に監視、覗き見されている可能性が大です。


スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ