FC2ブログ

記事一覧

花粉症の原因は人工放射線、ケムトレイル(消えない飛行機雲)!?チェルノブイリの後、ヨーロッパでは狂牛病やと花粉症が発生 花粉症は「ケムトレイル症」!?

2019年3月24日更新分

花粉症の原因はケムトレイル(消えない飛行機雲)!?花粉症は「ケムトレイル症」!?

こういうことなのではないかという画像です。
「いらすとや」というフリー画像のサイトのの画像を使いました。


飛行機雲


ケムトレイル(消えない飛行機雲)はどうやら航空機が撒いている2


ケムトレイルに関する動画の再生リストです。





花粉症に関する動画の再生リストです。




https://www.youtube.com/playlist?list=PLr7wJ29mp6Zrv8qMKoca-3UVScWV_4TIh&disable_polymer=true


花粉症に関する動画ですがコメント欄を見ていたら、花粉症がPM2.5だとかいうコメントもありましたが
どうやら花粉にケムトレイルで撒かれている汚染物質が付着してそれに敏感な人が反応しているんじゃないかと気付きました。

この前の動画では埼玉で撒かれていたケムトレイルが東京の方に流れて行っていたそうです。
なぜ都会なのに杉の花粉が多い田舎よりも花粉症が多いのかとか色々なコメントが書かれていました。

そして昨日の夜、夜に南北に縞模様のケムトレイルが広がったような雲が広がっていました。

夜に撒かれていたケムトレイルのイメージ 姑息なハザール人

FlightRadar24レーダーで見ると九州の西側の海上沖のチェジュ島の上空辺りにのコースがあるのが分かりました。

それが縦の南北に既に撒かれたケムトレイルが広がった状態で九州に流れてくる場合のパターンだったんだと分かりました。

そして東西の方向に撒かれていることもあり、それは偏西風に乗って飛行機が飛んできますが
比較的くっきりしたケムトレイルが撒かれてそれから広がっていくのが確認できるのは
この東西の飛行機のコースの横のパターンだと分かりました。

その動画に書き込んだコメントです。
どうやら動画の人も本当はケムトレイルが原因であると分かっているようです。
コメント欄で動画では言いにくいですが実はケムトレイルが原因という感じで書かれていました。


この動画で言われている通り、薬で抑えるのは対処療法で根本的な解決じゃないかもしれないですね。

鼻うがいや眼を洗うというのがいいかもしれません。
くしゃみや鼻水は花粉やPM2.5やケムトレイルなどの害がある物質を出そうとしているようなので

0.9%の食塩水だと鼻がツーンとならないと分かりました。

アイボンやハナノアという商品もあるようですが、自分は食塩水で十分かなという感じです。

自分は蜂蜜の空の容器で鼻うがいして水中ゴーグルでダブルアイボン状態で洗眼したりしていますが

PM2.5以外にもケムトレイルもあるかもしれません。

そういうものが花粉にくっついているのかもしれません。

昨日の夜中に縞模様の雲が流れてきたのでFlightRadar24というサイトで見たら、どうやら南北の方向に海上で普通の旅客機が撒いているのではないかということが分かりました。

東西の方向に撒かれる場合は頭上でくっきりした飛行機雲ケムトレイルが撒かれて段々と広がっていくのが分かりますが
既に広がった雲の状態のケムトレイルのようなものはどうなっているのかと思っていましたが

どうやら航路がの文字のようになっていて 普通の航空機が遠隔で撒いていっているのだと確信しました。

ケムトレイル(消えない飛行機雲)はどうやら航空機が撒いている3


ケムトレイル(消えない飛行機雲)はどうやら航空機が撒いている1


ケムトレイルの中身はバリウム、ストロンチウム(人工放射線)、アルミニウムなどだと海外の人が採取して分析した結果判明しています。

ストロンチウムなどの人工放射線汚染が狙われているということです。

やらせているのはおそらくアシュケナージ・ユダヤ人(偽ユダヤ人、白人のユダヤ人は偽者)でしょう。

気象操作だという説もありますがそれは表向きで 裏の目的が人工削減の放射線汚染でしょう。

ストロンチウムは骨や脳に溜まりやすく狂牛病などはストロンチウムの害で狂牛病BSEなどという捏造病や「異常プリオン」などというごまかし言葉を作り出して各国のトロイの木馬の政権やダマスゴミはごまかしています。

煮ても焼いても消えずに放射線だと処理できるというのは、異常プリオンと言われているものはストロンチウム(90)だからです。

だから人工放射線を防ぐデトックスを考えるべきでしょう。

半透膜の浄水器で放射線や農薬まで除去できるようです。

ビタミンCや適度な塩分マグネシウムセレン、なども効果的かもしれません。

自然放射線が人工放射線に対抗できる手段ということも分かってきました。

放射性ヨウ素を防ぐために昆布などのヨウ素

セシウムを防ぐためにカリウムを含む食品

ストロンチウムを防ぐために汚染されていないカルシウム

牛乳などは乳癌の原因という説があるし、リンが多くカルシウムが逆に出ていってしまうのであまりよくないようです。


タバコを吸っている人が減っているのにもかかわらず、肺癌が増えているということが細川博司さん(おそらく赤チーム寄りの真相論者)の動画で言われていましたが
原発やケムトレイルからの人工放射線の害が出ているのかもしれません。

人工放射線に対抗する方法は自然放射線や適度な塩1日10g~16gなど色々あると分かってきましたが。
減塩はアメリカの「ダール博士」により短絡的な研究結果で青森の人達が体を温めるために塩を多めに取っていて(1日28gなど)
高血圧になっていたからといって減塩がいいと短絡的に決めつけたのがきっかけのようです。

南日本の人達は12gぐらいで適度な塩を摂っていたのに日本全国が減塩の医療マフィアの罠にはめられて
意図的に病気になりやすい状態にさせられています。

減塩しすぎると死亡率が上がります。摂りすぎても死亡率は上がります。Jカーブです。

下のサイトはFlightRadar24というサイトで飛行機が今どの位置にいるかを確認できるサイトです。
ケムトレイルが撒かれていた時間帯に設定した状態でリンクを貼ってみました。

右端にある「Playback」ボタンを押して時間を設定すると過去の時間帯の飛行機の動きや速さも見れます。
時間のUTCは黒幕国のイギリスのグリニッジ天文台が基準でそれに+9時間したら日本時間です。


ケムトレイルが撒かれていた時間帯マイナス3時間スピードは120倍速です。
https://www.flightradar24.com/2019-03-20/01:22/120x/32.65,130.6/9

ケムトレイルが夜南北の方向に撒かれていた 広がった状態 Live Flight Tracker - Real-Time Flight Tracker Map | Flightradar24
https://www.flightradar24.com/2019-03-22/15:50/120x/32.55,130.61/6

2019年3月29日追記

やはり花粉症、そしてアトピーも原発やケムトレイルによる人工放射線による害ではないかということが下の動画で言われていました。
ヨーロッパでチェルノブイリの翌年から花粉症が発生したということが言われています。

アトピーは洗剤に含まれている不妊効果のある第四級アンモニウム塩なども原因ではないかと思っていますが。
洗剤を変えた後、下着が肌に当たっている部分だけが痒くなっていました。
でもケムトレイルで撒かれた人工放射線が下着に付着していたとも考えられます。

そして狂牛病もチェルノブイリの翌年から発生していました。狂牛病はストロンチウムによるものです。

チェルノブイリの翌年からヨーロッパで花粉症
チェルノブイリの翌年からヨーロッパで花粉症

チェルノブイリの翌年からヨーロッパで花粉症2

新聞 染色体

セシウムは女性は要注意 卵子は生まれてから共に育つ 男の場合はくり返し新しく精子ができる
セシウムは女性は要注意

H.Jマラー
H.Jマラー

人工放射線 微量でも積もり積もると 

アレルギー グラフ


放射能はいらない 市川定夫 - YouTube
https://www.youtubye.com/watch?v=WOQshj3LkRk





スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ