FC2ブログ

記事一覧

船瀬俊介さんが言っていた腸管造血を西洋医学でも認めた(ロスチャイルド系のワシントン・ポストのNewsWeek) これまで千島森下学説を弾圧していた医療マフィアが認めた。

「血球は腸でも生成される」ことがわかった【腸内造血】ついに西洋医学で認め始められた!

という動画を偶然見つけましたが、腸管造血が認められたようですね。

2018年の年末のようです。 その記事はNewsWeekの記事のようです。

「血球は腸でも生成される」ことがわかった【腸内造血】ついに西洋医学で認め始められた! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=5QwCiq6v42o





Newsweekはワシントン・ポストの子会社のようです。

「血球は腸でも生成される」ことがわかった──腸移植の耐性を高める可能性」
という記事のようです。

ロスチャイルド系の赤チームの出版社が腸管造血を認めたようです。

長い間、ロックフェラー、ロスチャイルドなどの医療マフィアが千島森下学説の腸管造血説を弾圧していましたが
とうとう腸管造血を認めたということでしょう。

「45からコロンビア」の小泉進次郎でおじみのコロンビア大学が腸管造血を確認したということです。

「血球は腸でも生成される」ことがわかった──腸移植の耐性を高める可能性 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/post-11376.php

以前から分かっていたことを、弾圧しておいて、新しく分かったかのように報じているようですが。
結果的に、真実が明らかになったということはいいことかもしれません。

腸管造血などの船瀬さんなどの動画の再生リストです。





たしかに薬の危険性を舐めてはいけませんね。

薬のベンゼン環というのはベンジンで石油系ではないかという情報が青チームのRAPTさんの動画で言われていてベンジンの害がある可能性があります。

石油プラントの横に薬の製造所が作られていることが多いようです。

ただRAPTさんはおそらく摂理の青チームで9割の正しい情報と1割の間違ったミスリードの情報で

原発や原爆や放射線の火消しをする役割をやっているのではないかと気が付きました。



船瀬さんの動画の紹介文の引用です。

船瀬塾のお申し込みはワンダーアイズ・ストアまで http://wonder-eyes.co.jp/  

再生医療に騙されてはいけない! ——STAP細胞はリンパ球だ。

医療マフィアが扇動した小保方バッシング ●STAP細胞はある!それはリンパ球である。

「食」は「血」となり「肉」となる……。  つまり、栄養源は、血球細胞(赤血球、リンパ球)となり、次に同化して体細胞となる。 
この一事をみれば、血球細胞こそが、万能細胞なのだ。  


画像追記
(自分のコメント)

STAP細胞はあるのかは分かりませんがあるとしたらリンパ球を見間違えた可能性が船瀬さんの動画で言われていました。
ただ論文の切り貼りがあったことは事実だし実際はどうなんでしょうか

下の画像はネットで画像検索で見つけた画像からの引用ですが
今回医療マフィアが認めたのは腸管造血でこれまでは骨髄や骨で血が作られているとされていたのが
腸でもでも作られているということを言っているようです。

下の画像では骨髄系幹細胞や骨髄球系となっていますが、それが腸管造血が明らかになったので
今後は塗り替わっていくのかもしれません。

NK細胞と書いてあるのは多分、ナチュラルキラー細胞のことですよね。
放射線や添加物などによる細胞のコピーミスが本物の癌と考えると、それを処理してくれているのがナチュラルキラー細胞ですね。

自然治癒力を上げるといいのでしょう。

おそらく新しく出てきた免疫療法とかいう癌治療はこれまでのパターンからいくと、また罠で害しか無い偽治療法でしょう。
医療マフィアには極力関わらないようにしましょう。



リンパ球が色々と変化する STAP細胞があるとしたらこれか


リンパ球が色々変化する STAP細胞があるとしたらこれか


子どもでもわかる。それが、山中教授などエライ先生たちには、理解できない。  

教科書秀才は、どこまでいっても記憶マシーン、記憶ロボットなのだ。  

人間が飢餓、空腹状態になると、今度は「肉」は「血」となり「食」となる……。  

つまり、体細胞は、異化して血球細胞となり、さらに栄養源となり生体を養う。  

これが、生命の基本原理である。   ●これらを立証するのが闇の弾圧から復活した千島・森下学説だ。  

iPS細胞をマスメディアは絶賛し、STAP細胞は徹底的に叩いた。  

それを煽ったのがロックフェラー、ロスチャイルド両財閥の国際医療マフィアだ。  

そこには、二つの陰謀があった。

 一つは、人類に“未来の夢の医療”として、再生医療幻想を煽るためだ。

一種の“洗脳”によって、甘い幻想を植え付ける。

そのマインド・コントロールのためにiPS細胞の山中教授にノーベル賞を与えたのだ。  

もう一つは、STAP細胞を叩き潰すことで、小保方さんらに生物特許が渡るのを阻止した。

その利権は、数千億円どころか数十、数百兆円にたっするといわれる。

●さらに、STAP細胞を潰さなければ、半世紀前に圧殺した千島・森下学説が復活するからである。

千島・森下学説は、二大医療マフィアの医療支配の虚妄を徹底的に暴くことになる。

それは、“かれら”が築いた年に1000兆円という巨大医療市場の崩壊をもたらす。

だから、「STAP細胞はない」というペテンの幕引を、“かれら”は計ったのである。

●再生医療などは、虚妄の極み。信じるのは裸の王様の登場人物と同じだ。  

iPS細胞の成功率は1%以下! 治療票は軽く2000万円を超える。

さらに、確実にガン化すると告発されている。それが医療と呼べるのか。  

安倍内閣は、10年間で1100億円もの“研究費”を公費で投入する。

まさに、秘密結社イルミナティの臣下として面目躍如である。

●真の再生医療は、すでに存在する。それは、ファスティングである。  

断食、少食は、古い臓器・組織はデトックスし、全身の細胞を若返らせる。  

そして、この自己浄化と再生で、万病は消えていく。こんな、あたりまえの真理に気付いて欲しい。

(テキスト目次)
第1章 再生医療の歴史とSTAP騒動

第2章 世界支配"闇の力"が抹殺!STAP細胞

第3章 臨床試験の三分の二はペテン〜山中教授もやっていた

第4章 夢の医療の歴史〜幻想は繰り返す

第5章 iPS細胞はガン化する

第6章 再生医療という幻想

第7章 復活!千島・森下学説

第8章 千島・森下学説を補強する学説が続々登場

第9章 真の再生医療「ファスティング」」

スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ