FC2ブログ

記事一覧

抗癌剤は効かないどころか害しかないという動画 放射線によるコピーミスの細胞が本物の癌!?  それどころかガン、エイズ、エボラなどは架空の病名で「癌治療は架空請求詐欺」!?

2019年1月19日

この部分は自分の他の記事からのコピー部分で追記です。
どうやら本物の癌と呼ばれるものは「放射線による細胞のコピーミス」による突然変異の変な細胞では無いでしょうか。

だから120種類以上あって、癌とされるものの定義がはっきりしないのではないでしょうか。

危険なのはその細胞の突然変異を起こす放射線こそが害が大きい。

そしてがん検診ではCTやマンモグラフィーが放射線を当てる検査です。

癌治療は更に放射線を当てて害を増やしたり、マスタードガスから作られた毒抗癌剤を注射したり、切る必要もない必要な臓器も切ってしまうため害しか無いのではないかというものです。

身の回りの放射線


身の回りの放射線被曝


放射線の種類


電磁波と光と放射線の波長による違いです。
電磁波と光と放射線




本物の癌と偽の癌(がんもどき) 本物の癌とされているものは放射線による細胞のコピーミスによる変な細胞!?

この前までは癌の定義がはっきりせず120種類以上もあり、RAPTさんの癌は存在しないんじゃないかという説に賛同していましたが

もしかするとRAPTさんは放射線や原発もないと言っているし、その延長線上にある放射線の害による「本物の癌」を火消しする役割の青チームの人ではないかと気が付きました。

実際に放射線によって植物の突然変異、品種改良などを行っているようです。

その情報はバクロスTVの在来種の種の会社の社長の話だったと思います。

放射線によりDNAのコピーミスが起こり、変な細胞が現れる。

それを癌とか呼んでいるのではないでしょうか。


もしかすると本物の癌とされているものは「放射線により細胞がコピーミスを起こした結果、変な細胞に変わったもの」ではないか

だから癌とされるものの種類が100種類以上もあるのではないか、ということに気付きました。

だからその変化したコピーミスの細胞はが怖いのではなく、放射線の害やマスタードガスなどから作られている毒抗癌剤こそが危険なのではないかと分かりました。

因果関係でいうと原因は放射線、結果がコピーミスの細胞 ということでしょう。

つまり危険なのはDNAのコピーミスで現れた変な細胞ではなく放射線そのものであるということでしょう。

その突然変異でできた細胞もナチュラルキラー細胞が免疫力さえ正常ならば勝手に処理して消してくれるということのようです。


進化などもDNAのコピーミスにより進化、変化、劣化などが起こっているということが分かりました。

そのきっかけが放射線によるDNAのコピーミスでしょう。

危険なのは癌とされる変な細胞ではなく放射線そのものが危険だということでしょう。

大昔は本物の癌はそれほど無かったのではないでしょうか。

19世紀ごろにキュリー夫人などにより放射性物質が発見されてから原発などが普及し

その原発からの放射線が実はダダ漏れ状態であったということが分かってきました。


この前の記事で、原発の分布の地図と口蹄疫や手足口病、狂牛病、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザの分布の地図が似ているということから

おそらく狂犬病はウイルスによるものでしょうが、それを元に作り出された架空の病が狂牛病、放射線などを誤魔化したのが「異常プリオン」ではないでしょうか。

おそらくストロンチウム90などはカルシウムに似ているため骨や脳などに貯まるので

ストロンチウムのことを異常プリオンとか名付けて誤魔化しているのでしょう。
異常プリオンは煮ても焼いても消えない、放射線だと消えるとされているのは、異常プリオンそのものがただの放射線だからだというものです。

それはNINJYAさんの情報です。

原発からの放射線からの害を誤魔化すために架空の病を作り出したのではないかということを書いていました。

ほぼ原発は放射線がダダ漏れ状態に近いということが分かってきました。


下の動画を見ていて放射線こそが危険なのではないかと気付きました。

そして健康な人も近藤誠さんが言っているように 「がんもどき」を癌とレッテル貼りして

放射線を浴びせたり、マスタードガスから作られた毒抗癌剤を体内に注入することこそが死へ引きずり込む医療マフィアやダマスゴミが仕掛けてきている落し穴ではないかと気付きました。

放射線をCTやマンモグラフィで浴びてしまうので逆に放射線による害が検診によって出るということが動画では言われていました。

つまり免疫力を上げたり、放射線を浴びるレントゲン、CT、マンモグラフィなどをを避けたり、放射線を体外へ排出するデトックスをやればいいのではないでしょうか。


癌は怖くない!『SHT治療 症例』 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0wWWxbKhb7s







船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?ハラダヨシオも殺された?薬って毒なの?』 ワールドフォーラム2011年8月連携企画 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc






以前紹介した細川さんの動画で正しそうな動画の再生リストです。




追記ここまで





抗癌剤はマスタードガス系の毒抗癌剤が実態であるという動画の再生リストです。
ぜひ動画を見ることをお勧めします。





この前は「精神科学が眉唾」で病名が作られていて医療マフィアの金儲けのために使われているというものをブログで紹介しましたが

抗癌剤は医療マフィアの金儲けのために使われているという動画です。

実際は抗癌剤はマスタードガスまたはマスタードガス系の毒抗癌剤が多く実際はマスタードガスの毒性により亡くなっているというものです。

たしかに抗癌剤を使った患者は髪の毛が抜けて弱っていって苦しんで死ぬイメージです。

癌やHIV、エボラなどは不治の病と思わされているだけの架空の病で、実際は毒抗癌剤や毒抗エイズ剤であるAZT、毒ワクチンで死んでいっているだけであるということではないかと分かってきました。

船瀬俊介さんなどは癌は存在するが抗癌剤は毒でマスタードガスであるという説。

近藤誠さんは癌ではない「がんもどき」が癌とされて毒抗癌剤を入れられているという説で、本当の癌は誰も確認したことがないという説です。

RAPTさんの説は癌やエイズなど不治の病とされるものは架空の病で、毒抗癌剤の害があるだけという説です。

これに関してはRAPTさんの説に賛成です。

2019年1月14日
と書いていましたが追記です。

もしかすると放射線による害を誤魔化す役割がRAPTさんの役割なのかもしれません。

放射線や原発がないとRAPTさんは言っており、もしかするとその延長上に癌のような原発による放射線による害が存在しているのかもしれません。

放射線の害として癌のような症状は発生するのかもしれません。

でもどの癌治療を受けても害しか無いということではないでしょうか。

健康な人まで「がんもどき」を癌と診断しなんでもかんでも癌と診断し、害しか無い癌治療へ引きずり込むという医療マフィアの罠ではないでしょうか。」

健康な人や放射線の害による症状が出た人にさらに放射線を当てたり、マスタードガスから作られた毒抗癌剤を
打ったり、切らなくてもいい臓器を切ってさらに悪くするのが医療マフィアの偽癌治療かもしれません。

結局船瀬さんや内海聡さんや細川さんなどの情報が正しいのかもしれません。

ただ癌以外のHIVやエボラなどの不治の病は医療マフィアが作り出している架空の病であるという
RAPTさんの説は正しいかもしれません。


cancer hoax poison anticancer drug186

cancer hoax poison anticancer drug185

グラフ
cancer hoax poison anticancer drug149

cancer hoax poison anticancer drug252

cancer hoax poison anticancer drug143

分子構造
cancer hoax poison anticancer drug187

分子構造
cancer hoax poison anticancer drug196

分子構造を見てCL━N━CLの部分があるとマスタードガス系の毒抗癌剤
cancer hoax poison anticancer drug255


cancer hoax poison anticancer drug195

cancer hoax poison anticancer drug194

cancer hoax poison anticancer drug151

cancer hoax poison anticancer drug166

cancer hoax poison anticancer drug165

cancer hoax poison anticancer drug164

cancer hoax poison anticancer drug163



この前検索していたら抗癌剤はマスタードガスと同じような物質で常温で揮発して病院の医者や看護婦に癌が多いという情報も見ました。
抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。 | デイリー ルーツファインダー
https://plaza.rakuten.co.jp/ommanipadmehum/diary/201102100000/

抗ガン剤は化学兵器『マスタードガス』だった!!放射能と癌とips細胞: velvetmorning blog
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/10/28/6615108

ある意味善意の医者もいるんでしょうけど金のために抗癌剤を使っていた医者にも跳ね返ってマスタードガスのようなものを院内で吸っているかもしれないということです。

0.1g7万円の抗癌剤1gで70万円、この前、金や麻薬の価格と比べて、もしかして医療マフィアは1グラムあたり金より高い物質をぼったくりで作り出しているのではないかということを考えていました。

石油利権1Lと言ってもミネラルウォーター1Lの値段と大して変わらない。 石油→薬

トン単位で作っていたマスタードガス→→抗癌剤0.1g7万円 1g70万円

覚醒剤は1g6~10万円 ローマ教皇のバチカン、統一教会(裏にはCIA)、創価学会(裏にはCIA)などが麻薬を売ってマネーロンダリングしています。

金1g 5047円 、プラチナ1g 3751円 、銀 1g69.22円
(金よりプラチナが高いというイメージがあったのにいつの間にか金と逆転していました。あんまり関係ない)
ある意味、錬金術以上 

1gあたり世界一高い物質は何なんでしょうか。

グラム単価が高い物質をハザールマフィア、医療マフィア、CIA、イルミナティ、山口組とつるんでいる政権などは利権にしているような気がします。

マスタードガスの再利用だという説もあります。トン単位で作り出していたものを抗癌剤になるとぼったくり価格で良いものであるかのように売っているとしたら詐欺もいいところです。

別の抗癌剤は3億円という情報も見ました。
こういうものの裏にはタルムードの考えがあるんでしょう。

2018年7月9日追記
700.抗がん剤信者 : サメのサメたメ
http://blog.livedoor.jp/sameiwa33/archives/75000974.html
        ↓リンク
      元情報 
下のURLの記事ではネット上の真実情報の拡散を妨害されているということが書かれています。

支配者層側提供ツールであるFacebook、Twitterのやり口が書かれています。重要情報
そして抗癌剤のせいで先進国では日本人(本物のユダヤ人)だけが右肩上がりで抗癌剤(マスタードガス)で死亡させられているのではないかという記事です。

皆さんに、ある秘密を公開します。 | wantonのブログ
https://ameblo.jp/64152966/entry-12363467062.html

2018年7月10日追記
上のURLから画像引用
日本人だけ先進国で右肩上がりにガンで死亡している人が増加しています。

実際は抗癌剤(マスタードガス)により洗脳により殺されて行っているというのが実態でしょう。

海外では抗癌剤が効かないという情報が発表され、マスコミでさえ報道しているようですが、日本のマスゴミは
隠しているのか報道されていないようです。

日本人だけ右上がりに抗癌剤(マスタードガス)で死んでいる疑惑

「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人 | 近藤 誠 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%82%E3%81%A9%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%97%A9%E6%AD%BB%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%81%E3%80%8C%E6%9C%AC%E7%89%A9%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%82%93%E3%80%8D%E3%81%A7%E9%95%B7%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA-%E8%BF%91%E8%97%A4-%E8%AA%A0/dp/4344024842

2018年7月10日追記
治療で早死に! 大橋巨泉さん、千代の富士……有名人が陥るガン早期発見の罠 『世界一ラクな「がん治療」』 | 小学館
https://www.shogakukan.co.jp/news/148628

この途中に出てくるデヴィッド・ボウイさんに関しては偽装死の可能性が高いです。
別人として音楽プロデューサー役で出ていたという検証動画がありました。

芸能人を広告塔とした殺人がんビジネスの実態!!! | ショージ・サエキのブログ
https://ameblo.jp/jam512412/entry-12361142855.html

がんの特効薬はミトコンドリア賦活剤というのは正しいかは分かりませんが
参考サイト

癌の芸能人は死の広告塔!搾り取ってから殺す ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤/ウェブリブログ
http://16296315.at.webry.info/201705/article_3.html

参考サイト このブログの下の方に日本ユニセフや創価などの悪巧みの情報が載っています。

芸能人はガン(医療)の広告塔であり、同情を誘ってビジネスを展開するLDH - 精神科医療は思想警察なのか?
https://blog.goo.ne.jp/ikemenmassan/e/36e4e30eec522ccc039b737b326b2121

2018年8月1日追記
これまで分かってきたことをまとめるとこうです。

薬に見せかけて毒ぅ 医療マフィア

人工甘味料入りジュース 毒ぅ!

ワクチン、抗癌剤は毒ぅ


追記2018年12月13日
ガン、エイズ、エボラなどの「不治の病」とされているものは大抵は架空の病名であるとわかったので追記します。
摂理のRAPTさんの説の延長ですね。

この前、別の記事でも書いているのでそちらを参照してください。

「癌治療とは架空請求詐欺」これが分かりました。

しかもマスタードガス系の毒抗癌剤を打たれて、金もぶん取られてしまうという最悪の「医療マフィアによる詐欺、トリック」であると分かりました。

架空請求詐欺でスマホやPCがウイルスに感染しましたとかハッタリで出してくるものがありますよね。
あれと同じトリックです。

実際は至って健康にもかかわらず「あなたは癌ですとか、あなたはウイルスに感染しましたとかハッタリ診断を出して
そして「毒(抗癌剤やAZTやワクチン)を飲まないと大変なことになります。」と医者が診断しているふりをして

その「毒(抗癌剤やAZTやワクチン)の値段は~万円です」など。








「トロイの木馬政権や医療マフィアによる架空請求詐欺が癌治療である」ということではないでしょうか
下のTwitterはPCの方の架空請求のことですけど、似たようなことが癌治療で行われているのでしょう。


















そういえばベンジャミンさんによると「PCのコンピュータウイルスは、アンチウイルスソフトの会社が作っている」らしいですね。
アンチウイルスソフトを売るためにPCウイルスを作っていたのかもしれませんね。

PRSですね。

実際の癌治療という架空請求詐欺の場合は元の癌が存在しないわけですからね。

ただの体内の「できものぽい」ものをなんでも癌扱いできるわけです。

癌とされるものが100種類以上あるとかおかしいでしょう。

ということは南米の指導者などが、大臣が次々とガンになった事件がありましたが

ガンというものは「架空の病名で存在しない。」

ただの毒抗癌剤による「毒の症状」を架空の病名の「ガンの症状」であると思い込まされていると分かったので

南米の指導者たちが次々と癌になったとされる事件、あれはマスタードガスなどの毒抗癌剤またはAZTの毒を盛られたのではないかということが分かります。

追記
南米の指導者達が次々と癌になったとされる事件は放射性物質をなんらかの方法で体内に入れられた可能性もありますね。

何年か前ロシアのリトビネンコがポロニウム(放射性物質)で暗殺されたという事件を思い出しましたが、そういう放射性物質が使われた可能性もあります。


船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?ハラダヨシオも殺された?薬って毒なの?』 ワールドフォーラム2011年8月連携企画 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc






スポンサーサイト



プロフィール

stopbrainhacking

Author:stopbrainhacking
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ